旧アニメで本田美奈子が歌ったエンディング曲

ハンターハンターは新旧のアニメがあるわけですが、旧アニメのエンディング曲を歌っていたのが今は亡き本田美奈子さんです。

旧アニメは第1話から第62話まであり、エンディング曲は3曲用意されていて本田美奈子さんが歌っているのは初代です。

タイトル「風のうた」(第1話 – 第31話)
作詞 – うえのけいこ
作曲・編曲 – 佐橋俊彦

歌唱力が高かった本田美奈子さんですが、ご病気によって若くして亡くなられています。

本田美奈子さんがハンターハンターと関わっていたのを知ったのはこのブログを書き始めてからです。

ですので、2017年以降という事になります。芸能界とかはそれほどは興味がないので、私は本田美奈子さんご本人をあまりよく知らなかったのですが、何かのメディアで闘病されていて、病室で歌を歌われたという断片的な記憶がなぜか残っていたのです。

スポンサーリンク

白血病との闘病

IプランとIプロジェクトの協力者の募集のために作ったハンターハンター覚醒考察ブログですが、本田美奈子さんの事を全くといっていいほど知らなかったわけです。

ただ記憶の片隅に闘病時に歌を歌われた歌手がいて、亡くなる前のその歌声に看護師の人がすごく心を動かされたという話だけがなぜか記憶にありました。

ある時にその歌手が本田美奈子さんである事を気づいたのです。

そして本田美奈子さんがハンターハンターにも関わっていたという事で、もう少し何かが繋がるのかもしれないと思い記事にしています。

ハンターハンターはスピリチュアルな設定が多く、信念が込められいて、数値などにもいろいろと伏線や意味があったりする作品です。

ちなみに本田美奈子さんの誕生日は1967年7月31日で亡くなったのは2005年11月6日です。

38歳の若さで永眠されています。

亡くなる前の音声と歌声が録音されて残されています。

「私は太陽が大好きです。太陽というのはみんなに光を与えてそして命を与えて、みんなにとって生きていく上で必要なもので・・・そんな風に私も歌を通して人々に光を与えることが出来るようになれたら嬉しいなと思っています。」

本田美奈子さんの命が消える少し前の言葉で本当の想いが込められていると感じますし、この方は人としても一生懸命まっとうに生きようとしていた女性だったのだと思います。

闘病の中で最後に病室で歌われたのがアメイジング・グレイスです。

スポンサーリンク

アメイジング・グレイス

アメイジング・グレイス(Amazing Grace)はイギリスの牧師ジョン・ニュートンが作詞した心に響く歌です。

作曲者は不詳です。

皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

ジョン・ニュートン(1725-1807)は元々海軍兵士を経て奴隷商人をしていた人です。

英語の歌詞の大意は下記です。

驚くべき恵み(なんと甘美な響きよ)
私のように悲惨な者を救って下さった。
かつては迷ったが、今は見つけられ、
かつては盲目であったが、今は見える。

神の恵みが私の心に恐れることを教えた。
そしてこれらの恵みが恐れから私を解放した
どれほどすばらしい恵みが現れただろうか、
私が最初に信じた時に。

多くの危険、苦しみと誘惑を乗り越え、
私はすでにたどり着いた。
この恵みがここまで私を無事に導いた。
だから、恵みが私を家に導くだろう。

そこに着いて一万年経った時、
太陽のように輝きながら
日の限り神への讃美を歌う。
初めて歌った時と同じように。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/アメイジング・グレイス

歌詞を見ればその作詞をした人が覚醒者かどうかがわかります。もちろんみせかけて真似てるだけの偽者もいるで判断は難しかったりもします。

人が覚醒する1つのパターンの中で臨死体験があるのですが、ジョン・ニュートンは自分が乗る船が嵐にあって命の危機に遭遇しています。彼はこの時に神に祈り、命が助かった事によって生き方が変わりはじめたようです。

ちなみに私自身は無神論者で無宗教です。

アメイジング・グレイス(Amazing Grace)の歌詞は本田美奈子さんが闘病時に残したメッセージとも共通します。

この歌がきっと大好きだったんでしょうね。

私はある時ですが、何度か見たであろうアメイジング・グレイスの日本語訳をふと目にして驚きました。

「恵みが私を家に導くだろう。」

「恵み」とは「メグミ」であり13歳で新潟から非人道的な北朝鮮に拉致された「横田めぐみ」さんと言霊(ことだま)で繋がると過去に衝撃を受けた事があったのです。

いろいろと思う事はあります。

本田美奈子さんはもしかして覚醒していたのかもしれません。

もし運命が繋がっているのであればIプランとIプロジェクトにも何らかの力を貸してくれるかもしれないと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ハンターハンターの旧アニメのエンディング曲「風のうた」を歌っていた本田美奈子さんは若くにして亡くなられています。

抜群の歌唱力を持っていた本田美奈子さんは大好きだったアメイジング・グレイス(Amazing Grace)を最後に歌われました。

本田美奈子さんが歌われていたアメイジング・グレイス(Amazing Grace)を聴くと、若くして亡くなった小林麻央さんを思い出す事があります。

私は小林麻央さんの事をあまり知らない人間ですが、ご病気になられて闘病されているのは知っていました。

そしてよくわかりませんが、ほとんど知らない小林麻央さんがよくなる事を祈った事がありました。

そんな事もあって、時々ですが小林麻央さんのブログを見る事がありました。

「母の日」というタイトルのブログ記事で「年齢、関係、性別を超えて、目に見える見えないを越えて、色々な場面で私を助けて生かしてくださる母のような存在に、感謝します。」という言葉がありました。

多くの人がよくなるように祈った祈りが小林麻央さんに届いていたのかなと私は思った事がありました。

私自身がよく知らない小林麻央さんの事を気にしたのはなぜだろうと思った事があって、少しだけご本人の事を調べると新潟出身の女性でした。横田めぐみさんとは同じ出身地ですが、これは本当に偶然だとは思います。

人は誰しも必ず死ぬわけで、もっと若くに亡くなる人もたくさんいるわけですが、本田美奈子さんや小林麻央さんのような女性がご病気になるのは何か過酷な運命でもあるのだろうかと、非科学的な事を考えた事があります。

もしかすると女性はろくでもない人間の変わりに無意識にその運命を背負ってあげる事があるかもしれないと、ふと思った事があります。

もしくはろくでもない人間に何かを気付かせるために過酷な運命をその身に受けてあげたのかもしれないとも考えれます。

一生懸命に生きた2人の女性、本田美奈子さんと小林麻央さんのご冥福をお祈りします。

コラムやニュース
スポンサーリンク

コミックまとめ買い情報

ハンターハンターのコミックを新品や中古(古本)、電子書籍などでまとめ買いするためのショップ情報をまとめています。

ジャンプを毎週読んでいる週刊誌派の人がコミックも買う場合や違う媒体でも購入を検討している人はチェックしてみてください。

⇒ コミック全巻セットまとめ買い情報

覚醒コンテンツを探そう

ハンターハンターという作品のように心打たれるような覚醒コンテンツを探してみませんか?

映画や音楽や漫画やドラマの中には心を養い、心を鍛えて強くする覚醒者達がクリエイトした本物の作品が存在します。

⇒ 心を養い鍛える覚醒コンテツを探そう
シェアする
覚醒王ヒロをフォローする
ハンターハンター覚醒考察