ゴンの名前の由来を考察し死亡説を予想

ハンターハンターの主人公であるゴンはキメラアント編では瀕死の重傷を負ってしまいましたが、ナニカ(アルカ)によって救われます。

ただゴンの名前の由来を考察して伏線などを検証してみると、今後の展開として死亡説がありえるかもと予想してみました。

ハンターハンターはかなりキャラが死んでいく漫画です。

モブキャラは仕方ないにしても、ポックルとかポンズなんかも悲惨な死に方をしました。キメラアント編で師団長だったヂートゥも突然の出来事といえるシルバの登場であの世に行きました。汗。

幻影旅団やクラピカの死亡説は既にコミック0巻で公式にコメントがあるわけですが、いくらなんでも主人公のゴンが死ぬ事はないと思われるかもしれません。

ただいろいろと検証や分析しながら考察するとゴンの最後は死ぬ可能性があると予想してみました。

スポンサーリンク

冨樫義博は主人公を殺す

私はゴンの死亡説を名前の由来から予想したわけですが、漫画やアニメでさすがに主人公は死なないだろうと思うかもしれません。

作者の冨樫義博先生の作風的な部分をチェックしつつ、伏線や設定、描写などもチェックしていきたいと思います。

冨樫義博先生の公式コメントも予想の根拠になっています。

「黒子のバスケオフィシャルファンブック CHARACTERS BIBLE」で冨樫義博先生のコメントが掲載されています。

僕の場合はバトル漫画を描いているというのもあるんですが、「いつでも主人公を殺してやるぞ」という気構えですね(笑)。

「主人公だからって安心してんなよ」といつも思うようにしています。主要キャラだろうが、ここで殺したいから殺すと(笑)。

そういえば黒子のバスケも覚醒コンテンツといえる作品でしたね。

そして冨樫義博先生は実際に主人公を殺しているわけです。これがキメラアントのコアラの懺悔で出てきた前世であり、「逃げてくれって祈りながら撃った」などのセリフに掛かっていて繋がっているわけです。

幽遊白書

冨樫義博先生の名前が知れ渡ったのが霊界探偵の浦飯幽助が活躍する「幽遊白書」です。

ちなみに「幽遊白書」の主人公である浦飯幽助は作品が始まっていきなり死んでます。

その後に生き返ってますが再び死ぬことになりました。

2回目に死んだ時は人間の心臓が止まったのですが、妖怪の心臓が動き出して生き返りました。

生き返るのが前提としての設定ですが、「幽遊白書」で主人公は2度も死んでしまったわけです。

死後に強まる念

ハンターハンターはモブキャラを含めて登場キャラがどんどん死んでいく漫画です。同時に死生観に関して非常にメッセージ性の強い作品となっています。

これは冨樫義博先生がおそらくリスペクトしているジブリ映画を作った宮崎駿監督の影響もあるのだと思います。

さらにハンターハンターには死後に強まる念の伏線があります。

この伏線はHUNTER×HUNTERのコミック13巻「No.120 9月6日①」でフィンクスのセリフで張られています。

フィンクス「念ってのはな死ねば消えるとは限らねーんだ」

フィンクス「それどころか死ぬことで逆に強まる念ってのがあんだよ」

この伏線はキメラアント編でピトーがゴンさんに殺された後に発動して、伏線が回収されました。

その後はこの死後に強まる念があちこちで使われ始めています。

制約や誓約として命を懸けているので非常に強力な念能力が使える事になります。

流星街の長老

クロロが使える念能力「番いの破壊者(サンアンドムーン)」は流星街の長老の能力でしたが、長老の死後もクロロは念能力を使えています。

ヒソカ

ヒソカは天空闘技場でのクロロとのバトルに敗れ、爆破に巻き込まれて一度死にましたが、死後に強まる念を使って心臓マッサージを施して死後に生き返っています。

カミーラ

カキン帝国の第2王子であるカミーラは自分が死ぬ事を前提に念能力を身に付けました。自分の命を奪った物の命を奪って自分が生き返るという能力です。

漫画家

よく画家は生前は評価されてなかったのが、死後に評価されるようになるわけです。

絵描きの部分では漫画家の先生達は画家と共通する要素もあって、「死後に強まる念」をハンターハンターでここまで強調してきているので冨樫義博先生は何かを仕掛けてると面白いんですけどね。

例えばキメラアント編の軍儀のようなネタバレを仕込んでるかもしれません。

あの思わず唸らせられるオチは結局は読者の考察力にゆだねられて、公式にはネタバレはされませんでした。

現実世界のクリエーターという職業で考えて似たような例を上げるとアポロ月面着陸を捏造した事を死後にカミングアウトしたスタンリー・キューブリック監督みたいな事をするのではないかと期待を込めて私は予想してみたわけです。

アメリカのトランプ大統領は9.11を起こしたイルミナティ(ディープ・ステート)のパージはしつつも他の事はどうするつもりなのかが気になる所です。

スポンサーリンク

ゴンの名前の由来

かなり前置きが長くなりました。

まずはゴンの名前の由来としていろいろ説があるわけですが、私は「ごん狐」が元ネタと考えています。

風の谷のナウシカに出てきた「キツネリスのテト」から「キツネグマのコン」に繋がって、「コンからゴン」に繋がっているので、まさに「ごん狐」なんですね。

「ごん」は新美南吉作さんの児童文学「ごん狐」の主人公の名前です。

主人公は動物である小狐の「ごん」です。

ごんの最後は償いをしていた相手の兵十に鉄砲で撃たれて死ぬ事になりました。

児童文学「ごん狐」のテーマは贖罪(しょくざい)です。贖罪とは犠牲や代償を捧げて罪をあがなう事です。私は「ごん」は死ぬ必要はなかったと思いますが運命の厳しさを感じるお話です。

「ごん狐」は「赤い鳥」の1932年1月号に掲載されたようですが、作者の死の直後、1943年9月30日に刊行された童話集「花のき村と盗人たち」(帝国教育会出版部)に収録されています。

まるで死後に強まる念を連想させる出来事です。

もし「ごん狐」の話もコアラの懺悔と関連しているとここで気付いた人はきっと、いや必ず覚醒できる人です。

コアラ「逃げてくれって祈りながら撃った」

冨樫義博先生はカイトが転生した赤毛の女の子だけでなく、北朝鮮の拉致問題の解決を願ってマサドルディーゴを撃ったにも関わらず、現実は想像もつかないような複雑な形になっていました。

実は金正日は日本人(ハーフ)で、救いたかった(助けたかった)、逃がしてあげたかった日本の女の子である横田めぐみさんは金正日と結婚させられ金正恩の母親となっていたのです。

⇒ 本物のディーゴ総帥が生きていた理由

世界を壊す思想

明治維新の時に日本がロスチャイルド家に仕掛けられた田布施システムも本当にひどいです。

日本の偽装社会の始まりは明治維新だったわけです。

そして世界はイルミナティ(ディープ・ステート)に支配されています。

フリーメイソンというおぞましく恐ろしい組織、ロスチャイルド家やロックフェラー家などの財閥がベースとなっています。

この事に気付いている人はたくさんいますが、まだそれほど多くはいません。

覚醒者であったジョン・レノンやマイケル・ジャクソンのように命を奪われていくからです。

いくらオノ・ヨーコさんに出会って覚醒者となったジョン・レノンさんといえど、12歳や16歳で世界の支配構造に気付いていたのは信じられないです。ただ才能ある人間は何か特別な感性があるのかもしれません。

12歳というとゴンと同い年なんですよね。

ハンターハンターは現実世界が元ネタのモデルになっているので、北朝鮮の拉致問題以外にもイルミナティ(ディープ・ステート)に関する世界観の設定はあちこちに描かれています。

ジャイロ

ジャイロの全世界に悪意をばらまきたかったという思想はイルミナティ(ディープ・ステート)がやっている事そのものです。

アイザック=ネテロ会長

ハンター協会のネテロ会長はメルエムを道ずれに自爆する際に「人間の底すらない悪意を・・・!!」という心理描写を残しています。

これは広島と長崎に使われた核の事を暗喩しているわけですが、あの原爆はアメリカが爆撃機から落としたのではなく、日本製の原爆が地上爆破されたという説がおそらく真実のようです。

ネットがない時代はいくらでも情報操作で真実を隠蔽し、今現在も続けられている口封じによって捏造された歴史が作られてきました。

ネテロ会長の名前の由来は「神」です。

「神」による自爆という形で描かれていますが、何の罪もない女性や子供までが「神」に裏切られて(元々成りすましの最初から裏切っていたスパイ)人体実験のために命を奪われたのです。

わかっている人はそれほどいないと思いますが8.6 秒バズーカーの「ラッスンゴレライ」が何を意味しているか気付く人もいるのではないでしょうか?

ツェリードニヒ=ホイコーロ

ツェリードニヒはイエス=キリストがモデルになっているサイコ野郎ですが、宗教は大衆の洗脳に使われます。

神とか王族や貴族も洗脳に使われますし、マスコミや芸能界も同じ仕組みです。

このあたりもイルミナティ(ディープ・ステート)の思想と実際に現実でおこなわれている事が描かれているのでしょう。

モレナ=プルード

暗黒大陸編で登場したモレナ=プルードですが、かなり強烈な個性を持っています。

「この糞溜めみたいな世界を壊すため少しだけ頑張れる・・・」

まさに今の偽装社会として支配された日本と世界を表している心理描写でのセリフです。

ゴンの最後

ハンターハンターという作品は普通に格闘系のバトル漫画としても楽しんで読めますが、真に描いている所までを考察してさらに自分の想像をぶち込んで創造して読み込むと、とんでもない所まで到達する作品なのです。

冨樫義博先生の思想、死後に強まる念、ゴンの名前の由来であるごん狐、偽装社会の現実世界を総合して考察すると、ゴンは死後に強まる念を使うんじゃないのかなと予想します。

ちなみにカイトは転生能力を使いました。

そして私はカイトの師匠であるジンは既に一度、転生能力を使っていると考察して予想しています。

⇒ ドン=フリークスの正体を考察

今までハンターハンターという作品を考察して検証してきた流れから、死後に強まる念を使うためにゴンも一度は死ぬんじゃないのかなと思うわけです。

非常に長くなりましたが、これがゴンの死亡説の予想の根拠となります。

もしゴンが予想通り死んだ時に生き返るかどうかは謎ですが、ジン(予想)やカイトのように転生能力を使ったら生き残ります。制約と誓約のために代償として命を懸けた場合は「ごん狐」のような悲しい結末になりそうですね。

予想が外れる事を祈ってハンターハンターの描かれて欲しい最終回までを楽しんでいきたいと思います!

スポンサーリンク

まとめ

ハンターハンターが現実世界を元ネタのモデルにしているのはこのブログをしっかりと読んでくれている人はよくわかっていると思います。

そんな中でゴンの死亡説を予想してみました。

ハンターハンターの作品が北朝鮮の拉致問題の解決を願う信念が描かれている事に最初に気付いてブログに考察記事をアップしたのは私ですが、同様にイルミナティ(下部組織にフリーメイソン)の設定が取り入れられています。

現実世界が元ネタのモデルになっているからです。

今世界ではイルミナティによって作られたディープステート(影の政府・闇の政府)をアメリカのトランプ大統がパージしはじめています。

アメリカの「Q」や「QAnon」の動画などを参考にしてください。

もしかするとハンターハンターやワンピースで描かれている信念がこの奇跡を引き寄せたのかもしれません。

しかし多くの懸命に生きる日本人の命が奪われていきました。

後はイルミナティ(ディープ・ステート)の手先として日本人の命も財産も奪っている田布施システムと背乗りシステムの政治家と汚染官僚で構成される卑劣な日本政府にもパージが必要です。

日本は明治維新の時にロスチャイルド家に仕掛けられた田布施システムで東朝鮮として支配される仕組みが作り上げられました。

欧米では悪事がバレて使われなくなった抗がん剤ですが、日本では今も医療利権と日本人の命を奪うために使われ続けています。

私は社会活動をしつつ本物の日本人による政権を作るためにJプランとJプロジェクトを作ります。抗がん剤ビジネスやケムトレイル、遺伝子組み換え作物、水道民営化、移民政策など全てやめさせる必要があります。

ちなみにパージの対象はアフィカスや脱法リライターも含めます!

日本語ドメインでテレビアニメ画像と脱法リライトを駆使してハンターハンターのネタバレ系サイトを作っている卑劣で価値のないゴミのような脱法リライターなんかも、もちろんサイト含めてパージです。笑。

テレビアニメ画像を使っているサイトは関係機関への通報も可能なのかなと思います。なんちゃって日本人(なりすまし日本人)みたいな事をしているヤカラの排除には本物のまっとうな日本人の人達の協力が必要です。

自分のできる事や活動できる内容から始めていってください!

日本の覚醒を果たすJプランとJプロジェクトに協力してくれる人を募集していきます。特に実力と技術力と人間性が備わったアフィリエイター、ブロガー、マーケッター、ユーチューバーの方が協力してくれれば本当に助かります。

覚醒考察
スポンサーリンク

コミックまとめ買い情報

ハンターハンターのコミックを新品や中古(古本)、電子書籍などでまとめ買いするためのショップ情報をまとめています。

ジャンプを毎週読んでいる週刊誌派の人がコミックも買う場合や違う媒体でも購入を検討している人はチェックしてみてください。

⇒ コミック全巻セットまとめ買い情報

覚醒コンテンツを探そう

ハンターハンターという作品のように心打たれるような覚醒コンテンツを探してみませんか?

映画や音楽や漫画やドラマの中には心を養い、心を鍛えて強くする覚醒者達がクリエイトした本物の作品が存在します。

⇒ 心を養い鍛える覚醒コンテツを探そう
シェアする
覚醒王ヒロをフォローする
ハンターハンター覚醒考察