日航機墜落事故で亡くなった自衛隊員

現実世界が元ネタのモデルとなっているハンターハンターにおいて、1985年8月12日に起きた痛ましい日航機墜落事故で自殺のように見せかけられて不審死によって亡くなられた2人の自衛隊員の方達にも見える描写がされていたので掘り下げて考察していきます。

日本航空123便の事故の後に命を奪われた自衛隊員と思われる描写がされたのはHUNTER×HUNTERのコミック35巻「No.378 均衡」での事です。

日航機墜落事故では本当に多くの命が奪われています。

今でははっきりとわかるわけですが、明治維新からディープ・ステート(イルミナティ)の傀儡が東朝鮮として支配する奴隷国家が日本の現状です。

日本航空の客室乗務員としても働いていた青山透子さんの著書で真実を追求した書籍が「日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る」です。事故で亡くなった方だけでなく、真実や真相を揉み消すためにその後も多くの人達が不審死で亡くなっているのは3.11や9.11と同じです。

スポンサーリンク

モレナ=プルードのセリフと描写

マフィアの組長として登場したモレナ=プルードという女性はバック(ケツモチ)に第4王子のツェリードニヒがいます。

ツェリードニヒの見た目はイエス=キリストがモデルになっているわけですが、精神を病んだ人体収集家であり、かなりやばいサイコパスです。

同様にモレナ=プルードもかなりやばい感じのようです。

世界を壊す思想

モレナ=プルードの思想は自分も含めてこの世の全てがどうでもいいみたいです。

だから何となく壊しましょうというハイになってあっちの世界にいってしまった人みたいになっています。

ハイになってる感じもしますが、闇に沈んで絶望を経験したといった方が適切なのかもしれませんね。

おそらく生まれた境遇と扱われ方で精神を壊したのでしょう。

心理描写でもかなり過激な発言をしています。

モレナ「この糞溜めみたいな世界を壊すため少しだけ頑張れる・・・」

このあたりはいつもの冨樫義博先生の心情がセリフに表れています。

政府、マスコミ、芸能界などを中心に、ディープ・ステートの傀儡である、なんちゃって日本人(なりすまし日本人)がまっとうに生きようとしている国民を苦しめて命や財産を奪い、偽装社会を作っているのが今の日本です。

この糞溜めみたいな世界というのは偽旗作戦として起こされている悲惨な戦争やテロ、人工地震といわれている3.11、環境破壊などを悪意を持って故意に仕組んでいる支配者層が作り上げた世界の事を指しているわけです。

多くの日本人の心に響いた映画「君の名は。」でも東日本大震災や日航機墜落事故の事を想起させる描写があったわけですが、この偽装社会を何とかしようとしている人や既に立ち上がって命を懸けてくれている人はたくさんおられます。

2人の自衛隊員の自殺

日航機墜落事故では多くの乗客や乗務員が亡くなられたわけですが、実は救助活動中やその後にもたくさんの方の不審死が起きています。

その中に自衛隊員が2人自殺で亡くなったわけですが、これは写真が公開されています。

この時の写真と似たような構図がハンターハンターで描かれました。

HUNTER×HUNTERのコミック35巻「No.378 均衡」の160ページの右上の描写です。

実際の写真は下に台なども無い状態で、あまりにも不自然な形で2人で亡くなっています。私自身は160ページの描写を見た時にすぐに日航機墜落事故の後に亡くなられた自衛隊員の2人を思い出しました。

スポンサーリンク

隠蔽された報道と不自然な自殺

私は知らなかった事ですが、日航機墜落事故は当時から真実や真相を隠そうとするかのような不自然な報道がされていたようです。

青山透子さんの著書「日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る」に隠蔽された真実や真相にせまる情報が掲載されているはずです。

青山透子さんは犬丸勝子さんのように強い女性です。

日本航空123便の事故においては救助中にも自衛隊員が亡くなられたという報道があったようですが、何の罪もない本当に多くの自衛隊員の方が口封じのために不審死などによって命を奪われているようです。

私はハンターハンターという作品の力を借りて北朝鮮の拉致問題を解決するための活動をする中で偶然にも経済アナリストの森永卓郎さんが日本航空123便の事故がおかしいと述べられている記事を見かけ、青山透子さんが出版された書籍を知りました。

⇒ 日本航空123便の墜落原因と日航機墜落事故の真相と闇

そんな中でベンジャミン・フルフォードさんにたどり着き、さらには本物の日本人として命を懸けてくれた佐宗邦皇(さそう くにお)さんにたどり着き、佐宗邦皇(さそう くにお)さんが創設されたワールドフォーラムにもたどり着いた事によって多くの事を知るきっかけができました。

そして非人道的な北朝鮮の拉致がなぜ起きたのか、そしてなぜ拉致など存在しないなどと隠蔽するような工作員やテロリストの政治家が日本にいるのか、さらには日本政府すら北朝鮮の拉致の隠蔽に加担していたのかなども理解する事になりました。

結局は日本政府やマスコミが真実や真相を隠蔽したりするのはディープ・ステート(イルミナティ)の傀儡として動いているから日本人を苦しめるのです。これは明治維新でロスチャイルド家に仕掛けられた田布施システムが根本にあるという事を理解したわけです。

芸能界が薬物汚染され、反社会勢力と結びつきが強く、なんちゃって日本人(なりすまし日本人)が支配する巣窟になっているのも全て理由があったわけです。

アイドルビジネスなんてのはまさに洗脳集金ビジネスです。

実際はなんちゃって日本人(なりすまし日本人)が主導するカルト宗教とかと似たような感じなんですね。

アイドルビジネスで有名になった芸能人が健康診断に行きましょうなどと病人狩りをして医原病を作ったり、癌(ガン)という治る病気に対して効かない抗がん剤で日本人を苦しめ、命も財産も奪っているわけです。

ロイヤル・レイモンド・ライフ博士、マックス・ゲルソン博士、ガストン・ネサンなどの治療方法や研究は表に出ない様に隠蔽されたり、潰されてきたわけです。

医師の近藤誠さんが書かれた「何度でも言う がんとは決して闘うな」や「やってはいけない健康診断 早期発見・早期治療の「罠」」の書籍のタイトルの意味を理解しないと自分や家族の命が奪われます。

ジャーナリストの船瀬俊介さん書かれた「抗ガン剤で殺される―抗ガン剤の闇を撃つ」なども重要な情報を伝えてくれているのです。

こういった闇の深い問題の根本原因はディープ・ステート(イルミナティ)の傀儡として本物の日本人を苦しめているなんちゃって日本人(なりすまし日本人)の存在があります。

本物の日本人である安保徹さんは不審死で亡くなっています。

医学者の安保徹さんは薬をやめると病気は治るという真実を免疫学の観点からたくさんの書籍にしてくれ、その情報にたどり着けた人達の健康と命を今も守り続けてくれています。

なぜ日航機墜落事故の真相が隠蔽されるのかや、北朝鮮の拉致問題が解決しないのかなどはディープ・ステート(イルミナティ)の存在や、世界の支配構造、日本の支配構造を理解すれば見えてくるものがあります。

ハンターハンターのキメラアント編にて描かれた北朝鮮の拉致問題は現実世界では想像もできないような真実が隠されていました。

コムギのモデルとなった13歳で新潟から北朝鮮に拉致された横田めぐみさんは金正恩の母親になっていたのです。

⇒ 金正恩と横田めぐみは息子と母親の親子関係だったという真相

マスコミを支配しているのがどういった人間達なのかという事を理解すれば、何故真実が報道されないのかという事も理解できます。

スポンサーリンク

まとめ

日航機墜落事故の後になぜか2人の自衛隊員が不自然な自殺をして亡くなられた事件というべき事案があったわけです。

報道関係者をはじめ、真実を知った人間や立ち上がろうとする人間は何の罪もないのに不審死によって命を奪われているのが今の偽装社会として存在する日本という国です。

石油利権や医療利権を脅かすような発明や研究なども潰されてきました。

発明家や研究者も日本だけでなく世界中で命を奪われてきています。その背後にはディープ・ステート(イルミナティ)がいて、各国の政府やマスコミ、芸能界などはその支配下にあるのが現実です。

不審死だけでなく、冤罪でのでっち上げ逮捕などが起きるのも根本的な原因は日本がなんちゃって日本人(なりすまし日本人)によって支配される東朝鮮化した奴隷国家だからです。

青山透子さんは命を懸けて真実を書籍にしてくれたわけです。

青山透子さんと同じように何故こんな事実と違ったおかしな事がまかりとおるのかと考えたり、真実を伝えようと行動したりしている方達は多いと思いますが、それには日本が東朝鮮として支配されている奴隷国家だという事を理解する必要があるのです。

本物の日本人の手によって政権を作る必要性が急務です。

ワノ国を開国せよ(開放せよ)!それがJプランとJプロジェクトであり、一気に世界平和への道筋もつけれて、病気で苦しむ多くの日本人も救えるのです。

現実世界が元ネタのモデルとなって描かれているハンターハンターを読み解くという観点で読んでみると今まで見えてこなかった物が見えてくる可能性があります。

描写やシーン
スポンサーリンク

コミックまとめ買い情報

ハンターハンターのコミックを新品や中古(古本)、電子書籍などでまとめ買いするためのショップ情報をまとめています。

ジャンプを毎週読んでいる週刊誌派の人がコミックも買う場合や違う媒体でも購入を検討している人はチェックしてみてください。

⇒ コミック全巻セットまとめ買い情報

覚醒コンテンツを探そう

ハンターハンターという作品のように心打たれるような覚醒コンテンツを探してみませんか?

映画や音楽や漫画やドラマの中には心を養い、心を鍛えて強くする覚醒者達がクリエイトした本物の作品が存在します。

⇒ 心を養い鍛える覚醒コンテツを探そう
シェアする
覚醒王ヒロをフォローする
ハンターハンター覚醒考察