世界樹についての元ネタや謎を考察

ハンターハンターに登場した世界樹がありましたが、この元ネタが作品内におけるいくつかの謎とリンクしているようなので考察していきたいと思います。

実はこの世界樹のに関するいくつかの謎の考察は、まさに作者である冨樫義博先生が覚醒者である証明にも繋がっていくのです。

ハンターハンターは現実世界が元ネタのモデルになっています。

すると世界樹とは一体どういった元ネタがあるのかというのが気になるわけです。

ジンが世界樹についての知識に詳しく、ゴンに対して語った内容にも本当に深い意味が込められていると考察できます。

現実世界の神話の中のお話の中ではユグドラシルという呼び名もあるのが世界樹ですが、本当に神話の中だけの空想の産物なのかという部分を掘り下げていくと、かなり衝撃的な内容にまで辿り着く事になるのです。

スポンサーリンク

世界樹の謎を考察

ハンターハンターの作品の中で世界樹の説明がされたのはHUNTER×HUNTERのコミック32巻「No.338 樹上」での事です。

1784mもある樹なのですが、この樹には本当に奥の深い謎や設定が込められている事を気付いている人は少ないです。

覚醒した思考は次元跳躍し普遍的無意識と呼ばれる潜在意識の海へダイブした。

ジンがゴンに説明した世界樹の説明をおさらいしてみます。

ジン「本当の世界樹は山脈に根付きマグマを吸って大気圏を超えてなおデカくなる。」

これが実は覚醒者が辿り着く運命に導かれた答えといえるのですが、ジンと関係の深い暗黒大陸やグリードアイランドとも設定として繋がっているので深く掘り下げて考察していきます。

グリードアイランドと暗黒大陸

ジンのセリフから本当の世界樹は暗黒大陸に存在するとわかりました。

世界樹はコミック32巻で初めて登場したと思う人もいるかもしれませんが、実はもっと以前から登場していたと考えれます。

それはHUNTER×HUNTERのコミック8巻「No.066 テープ」での描写です。

ジンがテープに込めたゴンへのメッセージを語っている中で、あまりにも巨大な生物や世界樹のような樹が描かれています。

私はかつてこの描写がグリードアイランド内だと思っていました。

ただコミック32巻でジンが世界樹について語った内容と、本物の世界樹についての大きさが説明された事によってコミック8巻で描かれていた巨大な樹は暗黒大陸の世界樹だという考察ができます。

そしてコミック8巻で描かれてる人物は本当にジンなのか?という部分にも疑問が出てくるわけです。

ジンでなければ一体誰なのか?

暗黒大陸といえばドン=フリークスではないのかという考察もできてしまいます。でもなぜジンがゴンに残したテープが流れてる途中でジンでなくドン=フリークスが描写として描かれているのかというさらなる疑問がわくわけです。

その答えはジンの過去生がドンだったら整合性が取れます。

すなわち暗黒大陸を探検していたドン=フリークスが転生してジン=フリークスとして生まれ変わったという考察です。

⇒ ドン=フリークスの正体を考察

ジンが暗黒大陸の知識に富んでいて、世界樹についての知識があるのも整合性が取れます。

ハンターハンターの8巻「オークション開催!!」は2000年4月9日に発行されているわけですが、もしこの頃から冨樫義博先生が世界樹の設定を伏線として張っていて、現実世界における世界樹の謎を解き明かしていたのであれば驚愕するしかありません。

冨樫義博先生は漫画家として神すら超えた天才と呼ばれる覚醒者としての運命に導かれていたのかもしれません。

ではハンターハンターの世界で描かれた世界樹と現実世界における世界樹について掘り下げていきます。

スポンサーリンク

世界樹の元ネタやモデル

ハンターハンターは現実世界が元ネタやモデルとなっている作品です。

ですのでキメラアント編では非人道的な北朝鮮の拉致問題がより深くテーマになって冨樫義博先生の信念が描かれたわけです。

現実世界にも世界樹という言葉は存在していて、神話などにおいてはユグドラシルや世界樹として登場します。

世界樹は空想やおとぎ話の中だけの存在なのでしょうか?

ハンターハンターの作品の中で本当の世界樹は山脈に根付きマグマを吸って大気圏を超えてなおデカくなるという設定があるわけですが、驚愕する事にこれは現実世界とリンクしていたのです。

現実世界では歴史は捏造され、科学、医療、政治、報道などはインチキがまかり通っていたりします。

驚愕すると思いますが、世界樹はかつて現実世界に本当に存在していたといえるのです。かなり長い動画ですが、驚愕の答えが存在するのです。

自分の常識や固定観念を取り除く事はできたでしょうか?この世界は偽装世界であり、偽装社会が作られています。

皆さんは洗脳からの覚醒はできそうでしょうか?

冨樫義博先生が2000年の時点で既に世界樹の真実に辿りついていたのであれば本当に驚かされます。

かつて2009年に公開されたジェームズ・キャメロン監督の「アバター」という映画があったわけですが、過去の現実世界と共通する設定でもあるといえます。

太古の昔に恐竜が実在し、これは隠蔽する事ができないので存在が認められているわけですが、隠蔽された都合の悪い真実が世界にはたくさん眠っているという事です。

日本人が持つYAP遺伝子をマスコミが故意に隠蔽しているのは、マスコミを支配しているのがなんちゃって日本人(なりすまし日本人)だからですが、人間の血液の中に存在が確認されている不死の生命体と呼ばれるソマチットなどもマスコミが決して世の中に出ないように情報操作しています。

おぞましいディープ・ステート(イルミナティ)の操り人形達です。

なんちゃって日本人(なりすまし日本人)の洗脳によって東朝鮮として支配されている日本の実態がいろいろとあるわけです。

政界だけでなく、マスコミや芸能界がなんちゃって日本人(なりすまし日本人)によって支配されているのはご存知の人が多いと思います。

おぞましい事に裏で全て繋がっているわけです。

スポンサーリンク

まとめ

ハンターハンターの作品の中で描かれた世界樹について考察し、実は世界樹は現実世界にも存在していたと考えれるというあまりにも深い関係性を紹介しました。

ハンターハンターの作品内で使われている設定はあまりにも奥が深いです。

冨樫義博先生が覚醒者である証拠ともいえます。

私は量子力学の観点から思考が波動であるのではないのかという考えを持っていますが、この考え方だけでは偉大なる覚醒者の1人である心理学者のカール・グスタフ・ユングが提唱した普遍的無意識(集合的無意識)が説明できません。

心理学者でもあり精神科医でもあったユングの患者の精神疾患者らの語るイメージには不思議と共通点があり、これらが世界各地の神話・伝承とも一致する点が多いことを見出したユングは、人間の無意識の奧底には人類共通の素地(集合的無意識)あると提唱しました。

ユングの提唱した普遍的無意識について私は不死の生命体と呼ばれるソマチットが関係しているのではないのかと考えています。

動物だけでなく植物の中にもソマチットは存在しているわけですが、思考が波動であるという考えと合わせ、本物の日本人に宿っているYAP遺伝子を覚醒させ、共鳴させる事によって日本を覚醒させる事ができると考えています。

それがJプランとJプロジェクトです。

ワノ国を開国(開放)せよ!

ディープ・ステート(イルミナティ)の手先といえる卑劣でおぞましい田布施システムの日本政府が推し進める抗がん剤ビジネスで今も多くの日本人が苦しめられて命を奪われ続けています。

YAP遺伝子を持つ本物の日本人は立ち上がる必要があります。そして本物の日本人のYAP遺伝子に共鳴できる人の心を持ち合わせた人達は立ち上がって行動を共にする時が来たといえます。

裏設定や元ネタ
スポンサーリンク

コミックまとめ買い情報

ハンターハンターのコミックを新品や中古(古本)、電子書籍などでまとめ買いするためのショップ情報をまとめています。

ジャンプを毎週読んでいる週刊誌派の人がコミックも買う場合や違う媒体でも購入を検討している人はチェックしてみてください。

⇒ コミック全巻セットまとめ買い情報

覚醒コンテンツを探そう

ハンターハンターという作品のように心打たれるような覚醒コンテンツを探してみませんか?

映画や音楽や漫画やドラマの中には心を養い、心を鍛えて強くする覚醒者達がクリエイトした本物の作品が存在します。

⇒ 心を養い鍛える覚醒コンテツを探そう
シェアする
覚醒王ヒロをフォローする
ハンターハンター覚醒考察